こんにちは、おこぜですー
久々のカテゴリ。
いま人気の作家「中山七里」氏の第8回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作品。

book0614.jpg


頭が疲れているときはミステリー物がいいので、なんかない?とひらめに聞くと、
これよんだら、と持ってきてくれたのが「さよならドビュッシー」

wowowで前に「贖罪のソナタ」(三上博史主演)というドラマがあったんですが、あれが意外と面白くて、
原作はダレ?ということになって、、そしたら中山七里さんだったのです。

作品がソナタにしろドビュッシーにしろクラシック音楽が好きな作家なのかなと思う。

さてタイトルの「さよならドビュッシー」ですが、
作曲家ドビュッシーの「月の光」の美しい旋律が、少女の人生を突き動かす音楽ミステリーなわけだが、
最後の最後でのトリックにビックリ仰天!?唖然としましたね。これは必見いや必読ですゾ!
と同時に、彼の音楽を表現する「ことば」の豊富さに驚嘆しました。これでもかこれでもかというくらい、執拗に激しく語彙を重ね読み手を引き込んでしまう。すごい作品だと思います。

興味のあるかた、是非とも手に取って読んでみてください!
2015.06.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mamemarocoffee.blog31.fc2.com/tb.php/724-42083196