おはようございます、豆まろです。
暗い話題だけではありませんよ^^。

今朝、我が家で育てているコーヒーの木の花が開きました!
雨に濡れ気持ちよさそうに朝の光をあびていました。
純白の可憐な花はジャスミンに似た香りがします。
IMG_20180524_065629.jpg

ちなみに花言葉は「一緒に休みましょ」
万国共通の花言葉には、まさに一杯のコーヒーでほっと一息をつけるやすらぎと癒しの意味合いがあるのかもしれませんね。
IMG_20180523_115540.jpg
蕾は次々と咲き、実も次第に熟していきます。
今年はどのくらい収穫できるかな~。
2018.05.24 / Top↑
こんにちは~豆まろです!

実から育てたコーヒーの木、今は2mほどになっています。
木を大きくするには鉢を成長に合わせて大きくします。
肥料はたっぷりと。

下は3月に撮影したもの。
IMG_20180319_141412.jpg

下が約一か月後撮影。
コーヒーチェリーを発見!お客様に教えてもらって気づきました。
葉っぱにかくれて上の方にある実でした。
いつのまにか赤くなっていたのですね。
これからもう少し大きくなって色も濃くなっていきます。
IMG_20180413_141004.jpg
早く屋外に出してあげたいのです。

2018.04.17 / Top↑
今年は大雪です!大蔵村の肘折では4mを超えています。記録更新のようです。なんでも4mを超すと肘折温泉街の宿泊料金が割引になるとか。嬉しいサービスですね。みなさま如何です??お出かけになってみては?肘折温泉。

さて、ここ村山市の戸沢でも熱いイベントが今度の日曜(18日)にあります!!
2018hippari.jpg
今年はなぜかひっぱりうどんのテーマソングのお披露目もあるそうなんですよね。
お時間OKな方、是非ひっぱってくださいませ!11時からです。
現在非常に雪の量が多く入る場所を間違えてしまうかもしれません。
国道347の白鳥郵便局とセブンイレブン白鳥店の信号を西に曲がると戸沢市民センターにでます。
場所はそこです!
2018.02.13 / Top↑
ポカポカ陽気の昨日、河北町谷地で栽培・収穫されたイタリア野菜を使った料理教室へ行ってきました。
河北町では、県、町をあげてイタリア野菜の栽培に取り組んでいます。
寒暖の差が激しい河北町の気候を生かし、高級イタリア野菜の産地形成とブランド化の推進を図ろうと
平成22年度よりプロジェクトを立ち上げました。
現在は山形県内の飲食店や東京近郊の高級レストラン・百貨店に販売していて
県内外でイベントを開催し普及を推進しています。

昨日は下のような食材を使ってのイタリアンメユーを作りました。
2017秋料理教室00

左下から時計反対回りに、
「カボチャのスープグラタン」「生パスタ・ナスのノルマ風」「揚げイワシのトマトマリネ」
2017秋料理教室01
カボチャはバターナッツカボチャといい、とても甘く風味も豊かでした(材料写真の奥)
また、ナスはローザビアンカといいとても大きくて丸いナス(材料写真中央)
これも甘みが強くパスタにはピッタリの食材です。
カボチャのスープグラタンの中にはバケット1切れが入っています。
朝食にあるいはちょっと調子の出ない時などこれを食べると元気が出るな~と思いました。


下は「カボチャのシフォンケーキ」と「コーヒープリン」
2017秋料理教室02
シフォンケーキはもちろん生クリームの中にもカボチャペーストが入っています。

スーパー店頭ではまだなじみの薄い食材ですが、意外とクセがなく食べやすい野菜がほとんどでした。
マリネに使ったフェンネルのフィノッキオは煮込むと尚更甘みが増す食材です。
秋の午後の美味しいひとときでした。

2017.10.18 / Top↑
こんにちは皆さま!
山形は「日本一の芋煮会」が終わり、いよいよ稲刈りの最盛期です。
あちらこちらでコンバインの音が聞こえてきます。
杭かけをやっているところ、かろうじて今日2か所で見かけました!
ほとんどが機械だからあっという間に借り上げて、そのあとの田んぼにはなんか寂しさがあります。
ここ数日は秋晴れの気持ちのいい気候で、時にイナゴが庭先に遊びに来ます。
秋茄子の美味しい季節でもあります。皮が柔らかくて甘くふわっとした食感が美味!
嫁いできたころ耳にする姑の言葉、「秋茄子は嫁に食わすな」。気になったっけなー。
「あ~・・・・わたしは食べてはいけないんだ・・」。

姑の真意はわかりませんでしたけど、あんまり感じのいい言葉ではなかったなあ・・・
いまはモリモリ食べてますけどね笑。
封建的な考えが根強いころ、美味しいものは嫁さんには食べさせるな、なんていういびりの説があったんでしょう。
それと秋茄子は体を冷やすから、大事な嫁に食べさせてはいけないんだよというやさしい説や、
秋茄子は種が少なく、子種ができなくなるので嫁に食べさせてはいけないってう説なんかもあるようですね。
真逆説が人の食生活で秋が訪れるたびに取沙汰されて、茄子さんはどんな気持ちでいたのでしょう。
ちよっと秋茄子さんに聞いてみましょうか。。

IMG_20170925_145021.jpg
ま~ゆ農園のなかよし秋茄子

2017.09.26 / Top↑